任意整理 完済後 クレジットカード

任意整理完済後、クレジットカードの審査・作成

 

債務整理を行いたいということで、司法書士事務所等を訪れる方の中には
「任意整理をした場合に完済後はクレジットカードを作ることができるのでしょうか?」
と仰る方がおられます。

 

クレジットカードは生活の中でとても便利に使用していけるものであり、インターネット等の買い物の際にも利用する機会が多いですから、確かにできるだけクレジットカードだけは所有していたいという気持ちもわからないではありません。

 

しかし任意整理を行った以上、利息の無効化や返済計画の組み直し等を行なっていますので、債権者側としてはあくまで不良債権として処理されるのます。
不良債権とはわかりやすく言えばブラックリストのようなものです。
ブラックリストとしてクレジットカード会社が審査の際、判断基準として紹介する信用情報機関にのってしまっているため任意整理中はほぼ100%、クレジットカードの審査には落ちてしまいますので作成はできません。

 

ただ。
完済後一定の期間をおけば再びクレジットカードを作ることが可能になります。
一定期間とは、先ほど申し上げた信用情報機関の情報は5年〜10年で消滅しますので、この期間を過ぎればクレジットカードを作ることができるわけです。

 

ですから任意整理中返済に集中して、完済後作れる時期になったら再びクレジットカードの申し込みをするのが無難なといえます。

 

もうひとつの手段としてどうしてもクレジットカードが必要だという場合、クレジットカードの債権者のみを除外して任意整理を行うということも可能ではあります。
月々の返済額がかさんでしまうのであまりおすすめできる方法ではありませんが、そういった希望がある場合は司法書士に相談してみることです。

任意整理完済後、クレジットカードの審査・作成関連ページ

カーローン